贈り物のマナー

知っておきたい 贈りものマナー

人生の節目のお祝いや、お世話になった方に感謝の気持ちを伝えるためなど、あらゆるシーンで贈られるギフト。
しかし、ただ贈るだけでは心が伝わりません。
基本マナーを押さえて心に響く贈りものをお届けしましょう。



結婚祝いを贈る

結び切り 紅白10本

結び切り
紅白10本

 品物の例

結婚祝いには、ペアのテーブルウェアや新生活に役立つ実用的なアイテムが人気です。
親しい間柄ならリクエストを聞いたうえで、あなたのセンスを添えて贈るとより喜ばれるのではないでしょうか。


 贈る時期

結婚式前後はとても忙しいので、結婚式の1週間前までにはお届けするようにしましょう。
挙式後に結婚の報告を聞いた場合はできるだけ早くお届けしましょう。


 金額の目安

おふたりとの間柄にもよりますが、10,000円~20,000円の品物がよく選ばれているようです。


結婚祝いのお返しを贈る

結び切り 紅白10本

結び切り
紅白10本

 品物の例

披露宴にお越しいただいた方には引き出物として、ご出席いただけなかった方へは「結婚内祝い」としてお返しします。ふたりらしさを感じられるものや、送り先様のライフスタイルに合ったものが喜ばれるようです。


 贈る時期

お祝いをいただいたらますは電話でお礼を伝え、1か月以内には内祝いが届くように手配します。諸事情で遅くなった場合はひと言手紙を添えるといいでしょう。


 金額の目安

いただいたお祝いの1/2~1/3の金額を目安にお返しすることが多いようです。


結婚祝い



新居の挨拶の品を贈る

蝶結び 紅白5本

蝶結び
紅白5本

 品物の例

転居先や、先住地でお世話になった方へのこ挨拶は日常生活に役立つタオルや洗剤、または日持ちのする食品が好まれるようです。趣向性の高いものは避け、シンプルなもの、だれもが知るブランドがオススメです。


 贈る時期

引っ越しの際に大きなトラックが来たり騒音が気になる場合は引っ越し前に。入居後ならば2~3日中にはこ挨拶を。


 金額の目安

受け取られた方が負担にならない程度の金額、500円~1,000円くらいがベターです。


新居の挨拶



七五三祝いのお返しを贈る

蝶結び 紅白5本

蝶結び
紅白5本

 品物の例

お返しの定番は千歳飴や赤飯などですが、お菓子や記念品を贈るのも良いでしょう。のし紙にはお子様の名前(姓は入れない)を書くのが一般的です。


 贈る時期

お祝いをいただいてから、または七五三当日から1~2週間以内を目安にお返しすることが望ましいようです。


 金額の目安

いただいたお祝いの1/2~ 1 /3の金額を目安にお返しすることが多いようです。


七五三祝い



出産祝いを贈る

蝶結び 紅白5本

蝶結び
紅白5本

 品物の例

赤ちゃんのお世話に便利なアイテムや、食器の人気が高いようです。贈りものが重複しないように少し大きくなってから使えるべビー用品や、がんばったお母さんへの贈りものも心造いが感じられ喜ばれるようです。


 贈る時期

出産直後は避け1週間~1か月後を目安にお届けしましょう。直接渡す場合は必すお母さんと赤ちゃんの体調を確認してから訪ねる気配りを忘れずに。


 金額の目安

一般的には5,000円~10,000円が多いようですが、地域によっても違うので確認しましょう。


出産祝いのお返しを贈る

蝶結び 紅白5本

蝶結び
紅白5本

 品物の例

実用的なテーブルウェアや生活用品をはじめ、赤ちゃん誕生の内祝いと連想できるやさしい色使いや、可愛いデザインの商品の人気が高いようです。しかし、地域の風習もあるのでこ両親とも相談しましょう。


 贈る時期

お宮参りの頃(生後lか月ほど)に内祝いが届くようにすることが望ましいとされていますが、地域の風習に従って手配しましょう。


 金額の目安

いただいたお祝いの1/2~1/ 3の金額を目安にお返しすることが多いようです。


出産祝い



病気見舞いのお返しを贈る

赤1本または結び切り紅白5本 またはなし

赤1本または結び切り紅白5本
またはなし

 品物の例

病気やけがを繰り返すことがないように、食品や洗剤など後に残らない"消えモノ"がよいといわれています。療養中にお見舞いをいただいた方全員に贈ることがマナーとされています。


 贈る時期

全快ならば「快気祝い」、自宅療養が必要な場合は「お見舞いお礼」として、時期にこだわらす、無理をしないようになってから贈りましょう。


 金額の目安

いただいたお見舞いの1/2~1/ 3の金額を目安にお返しすることが多いようです。


病気見舞い



お香典などのお返しをおくる

黒白・銀水引の結び切り

黒白・銀水引の結び切り

 品物の例

お通夜、葬儀当日の会葬お礼や香典返しには、お茶や海苔などの食品。法要後の忌明けのこ挨拶や返礼品にはタオルやシーツなどの寝装品もよく選ばれているようです。宗派や地域の慣習にならってお選びください。


 贈る時期

香典返しは四十九日法要後、忌明けのこ挨拶とともにおくります。年忌法要の場合は、お持ち帰りいただけるように用意しましょう。

即返しが基本です。


 金額の目安

いただいた金額の1/2~1/ 3の金額を目安にお返しすることが多いようです。


病気見舞い